読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭痛ちゃんは楽に生きたいだけなのに!

頭痛と共存したい頭痛ちゃんのブログ

頭痛の記録についての考察

こんばんわ頭痛ちゃんです。

頭痛について思ったことを書いていきたいと思います。

 

よく頭痛持ちの人は、頭痛ログをつけるといいといいますね。

 

なんでなのか。

そもそもなんのために記録をつけるのか考えてみました。

 

戦うためです!!

 

慢性頭痛は今のところ治療法がないので、

1.出現タイミングを予測

2.最適攻撃を選択

3.先手必勝

と考えます。

 

これらは、100%ではないですが、頭痛の記録をつけることで行うことができます。

私は2017年の9月から半年程度ですが、自分の傾向を分析してきて、

少しずつ戦法を身につけてこられていると思っています。

主治医にもほめられていますし、1年くらいで(季節の影響をうけるため)

大分上手に生活できるようになるよと言われました。

 

それぞれ考察していきます。

 

1.出現タイミングの予測

いつどういう状況で、頭痛に襲われたか。

頭痛に襲われる前(直前~前日)何をしたか、変わったことはなかったか。

など、気づいたことを書いておくことで、

どんな場合に頭痛が起きるか(天気・気圧・飲食・入浴・運動等)

 

たとえば私の場合、気圧がぐぐぐ↓と下がった時やその後急上昇する時に、

偏頭痛(血管拡張型頭痛)が起こります。

これは、当初私は、iphoneアプリ「頭痛ーる」で頭痛の記録をつけていたので

わかりました。

 

頭痛ーる

itunes.apple.com

 

このアプリは

気圧計になっていて、今どんな気圧状態かがグラフでわかります。

あとそのグラフ上に、頭痛の記録をアイコンで載せられるので

あとで、どんなグラフの時に頭痛が起きたのかが目でわかるのです。

ちょっとハマルヨ。

 

2.最適攻撃を選択

頭痛や頭痛の前に起きる症状、した対処に対する効果を記録しておくことで

この頭痛は○○な感じだから、冷やしたほうがいいとか。

この薬を飲むとすぐ直るとか。

いや今日はあきらめよう(時には正しいと思う)とか。

わかるようになってきた気がします。

 

たとえば

私は偏頭痛(血管拡張性)が多いです。

位置はこめかみ~顔の前側が多く、顔の片側のときも両側のときもあります。

 

前兆症状として、頭が痛くなる前に、

・ねちがえた?的な首の痛み

・視界が狭くなる(視野窮策)

・眼がちかちかする(閃輝暗点

・めまいがしたり、急に嘔吐する

 ・手がぴりぴりしびれる     等が起きます。

 

この場合は、第一選択はトリプタン製剤(血管収縮剤)を飲むです。

この薬は、脳外科で偏頭痛の診断をうけてもらっている専用の薬です。

飲み薬は30分~1時間弱効くまでかかるので、

冷やしたり、シップを貼ったりしています。

 

ちなみに、緊張型頭痛(肩こりとかが原因)も同時に起きてる場合もあるようで

そういうときは、トリプタン製剤とあわせて市販の頭痛薬を飲んだりします。

 

 

3.先手必勝

頭痛は、炎症なんだそうです。

なので、長引くほどひどくなります。

早期に頭痛に気がついて(観察してないと意外と気がついていない)

さっさと対策を打たないと、ながびいて戦いにやぶれたり、つらい思いをしたり、

薬の飲みすぎで胃をやられたり、おなかを壊したりします。

 

特に偏頭痛では自分の前兆症状を知っていると

偏頭痛がくるぞ!とすぐ気がつくことができ、頭痛が始まる前に薬を飲めば

勝率がぐぐっとあがります。

 

以上、頭痛の分析に対しての考察でした。

またお会いしましょう。

 

頭痛ちゃんでした。