読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭痛ちゃんは楽に生きたいだけなのに!

頭痛と共存したい頭痛ちゃんのブログ

頭痛外来ってどんなとこ?

 

こんにちは頭痛ちゃんです。

 

頭痛で寝込むことが少なくなってきて快調の私です。

これも薬と励ましてくれる脳外科の主治医のおかげです。

 

主治医の口癖は

あきらめちゃだめだ

 

今日は、頭痛外来(脳神経外科)ってどんなとこ?

って話をしたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年の9月、水曜日でした。

いつものように頭痛がして、会社でのトイレで嘔吐してしまったのです。

その頃の私は、週に何度か頭痛薬を飲み、また、嘔吐をしている状態でした。

今思えば頭が痛くない日の方が少なかったと思います。

でもあまり深刻に人に言ったりはしていませんでした。

 

その日はなんとなくつかれてしまい、早退をしました。

雨の日でした。

 

次の日からが問題でした。

朝から頭がガンガン痛く、全身がぴりぴりしました。

鼻がつまり、かつ、鼻血でも出るんじゃないかという圧迫感があります。

眼はちかちかします。

会社はやすみ、4時間おきにイブプロフェン系の頭痛薬をのんでいました。

 

その頃私は、頭痛と嘔吐でちょいちょい会社を休むようになっていました。

しかも、いまいち効かなくて飲んでばかりいる。

胃が痛い。頭いたい。気持ち悪い。会社いけない。つらい!

もう限界だと感じた私は次の日、脳外科を受診することにしました。

その頃、たまたま家の近所に脳神経外科の専門病院ができたのです。

 

新しく綺麗な病院に入って保険証を出し、頭痛を見てほしいと告げると

頭痛患者用の問診表を渡されました。

どこがどのように痛むか、付随する症状はないか、いつからか

などを記載したと思います。

それから血圧を測り、提出しました。私は低めの普通の血圧でした。

 

診察室にはいると、白衣を着てめがねをかけた、白髪混じりの男の先生。

先生はやさしくゆっくりと話を聞いてくれました。

 

こんなやり取りだったと思います。

 

私「頭痛がひどくて、偏頭痛じゃないかと思ってきました。

  父が群発頭痛持ちなので・・・私も偏頭痛かなと」

 

医師「どんな風に痛む?」

私 「たぶん何種類かあって、ズキズキするときとずぅーんとうずくような」

 

医師「場所はどの辺りが痛む?」

私 「ズキズキするときは、頭の前側が多いと思います。

   うずくときは後頭部な気がします。」

 

医師「薬は何飲んでる?イブとかバファリンとか」

私 「胃が弱くてタイレノールを良く飲みます。でも効かない時が多いです。

   ロキソニンの方が多少マシで、イブプロフェン系も飲むけどやっぱり

   効かないときもありますし、胃が痛いです。」

 

医師「頭痛する前になんか症状はない?たとえば、視覚に異常が出るとか」

私 「関係するかわかりませんが、最近眼が見えずらい時はあります。

   あと手がぴりぴりしたり、吐き気や吐いてしまったりします」

 

医師「OK。典型的な偏頭痛と緊張型の混合型だね。たぶん間違いない。」

 

先生は緊張型頭痛と偏頭痛について説明してくださいました。

 

医師「緊張型頭痛というのはいわゆる肩こりや眼精疲労からくる頭痛

   血管が収縮して、血行が悪くなることが原因だ」

  「反対に偏頭痛というのは、血管が拡張して神経を圧迫することが原因。

   この二つの頭痛は作用がまったく逆。でも、同時に起きることもある。

   ただし、処置がまったく逆なので非常にやっかい。」

 

  「ただ、偏頭痛の方が断然つらいから、緊張型頭痛の方を

   普通後回しにすることが多い。偏頭痛は日常生活がおくれないからね。」

 

偏頭痛の薬をもらうことになりました。

偏頭痛の薬=血管収縮剤=トリプタン製剤です

広がった血管が神経を圧迫しないよう、収縮させる薬で

頭痛を感知したら、即座に飲むことが推奨されています。

早ければ早いほど良く効き、被害が最小限でおさえられるとのこと。

 

偏頭痛の痛みの推移ですが・・・・

このように時間とともに大きく痛みやがて収束します。

痛みは数時間~3日ほど続く場合もあります。

f:id:atama_piiii:20170517224354j:plain

まず、予兆の症状がおきる人の場合

閃輝暗点(いわゆる星がみえる)などの視覚異常、感覚の異常などが現れた段階で

即座にトリプタン製剤を飲むことを指導されました。

ちなみに私の場合、視野が欠ける、手や顔の麻痺、首の痛み、吐き気等が

起きることが後々わかってきます。

 

薬ですがトリプタン製剤にはジェネリックを除き5種類あることを説明されました。

マクサルト

イミグラン

・ゾーミック

レルパックス

・アマージ    です。

f:id:atama_piiii:20170517225224j:plain

切れ味が良いの意味がいまだに良くわかりませんが、

私は頭痛の痛む時間が長い(3日くらい)なので、作用時間が長い

アマージと間を撮ったレルパックスを5回分ずつ処方してもらいました。

 

ちなみに「アマージ」が大当たりで、今もメインで飲んでいます。

一緒に偏頭痛予防薬である「ミグシス」という薬も朝晩飲むことになりました。

これは、あらかじめ脳血管を拡張気味に保つことで、

急激な血管拡張をさせないという薬だそうです。

(※私には効果が薄く今は服用をやめています)

 

最後に一応MRIを撮りました。

あれ、すごくうるさいですね!!!!びっくりしました。

写真や3D映像をみせてもらいましたが、何も異常はありませんでした。

 

薬を処方してもらってこの日は終わりました。

費用ですが

診察料2000円くらいとMRI代8000円。薬代が5000円くらいだと思います。

実はトリプタンはとても高い薬で、

たとえばアマージだと保険適応で300円くらいします。

ジェネリックのあるやつはもう少し安いです)

 

 

後日談ですが

頭痛のコントロールが少しずつできるようになり、

毎週通っていた病院も、今は月一回で住むようになりました。

今はほぼ会社を休まずに生活できています。

頭痛が起きてもすぐに気がつくことができるようになり、

しれっとアマージを飲んでいます。らくらくです。

ちなみに私はアマージの作用時間が12時間くらいあるようで、

半日は無事に過ごせますし、寝る前に飲めば無事に会社にいけることがわかりました。

 

長くなりましたが、頭痛外来ってこんなところでした。

こわくないので悩んでる人は行って見るといいですよ。